季節性うつ病を診断してみよう|うつ病との違い

  1. ホーム
  2. うつ病と食事の関係性

うつ病と食事の関係性

メンズ

最近では、うつ病と食事は関係していることがあると言われています。食事で、どの食材をどのように食べるかでうつ病を癒してくれて、ストレスに強い力を蓄えることが出来ます。
うつ病の自覚症状があったり病院などでうつ病と診断された場合は、食事についても気をつかってみましょう。
生きる上で重要な行動の1つが食事です。自分自身が何を食べて、どう食べるかの2つの要素で、人のもととなるエネルギーや精神が構築されていると言っても過言ではありません。うつ病と診断されてしまって症状が重くなると、食事を楽しむことが出来なくなります。うつ病の症状で様々な意欲が弱っていくので、食欲がなくなってしまうことも珍しくはありません。実際にうつ病になってしまうと、味覚や感覚が衰えていき、食事のときにおいしいと感じることが少なくなると言われています。そこがうつ病が食事に影響する基本的な症状となります。うつ病を治すと言われている食べ物と食べ方は、栄養学、精神医学、心理学との様々な観点から研究が行われています。そこで食事の質や、避けたほうが良い食事の習慣などを見てみましょう。
食事を行なった後、血糖値が上がる食べ物と食べ方があります。血糖値が急に上がると、身体はこれを抑えようとしてインスリンを分泌します。インスリンが分泌されたら血糖値も抑え込もうとし、身体が低血糖状態になります。低血糖値になると、脳に糖分がいかなくなり、うつ病の基本的な症状たちが現れると言います。血糖値を上げる栄養素が糖質であり、その指標がGI値(グリミック・インデックス)と呼ばれています。そのため、うつ病と診断されたり、自覚症状がある方はGI値の高い食べ物より、低い食べ物を積極的に摂取すると良いでしょう。まず非常にGI値が高い甘いスイーツや砂糖などを控えるようにしましょう。次にGI値が高い食べ物を摂取する場合は、わかめ、ヒジキなどの食物繊維が豊富な食材を食べると良いです。また、脳内で新しい神経細胞を作るためには、タンパク質などが必要です。その過程で、ビタミンやミネラルも必要となっていきます。ビタミンやミネラルが豊富な食材も選んで食べるのもおすすめです。不足する場合があれば、サプリメントで補っても問題はないです。うつ病と診断されてしまっても、食事のバランスにも気を使っていきましょう。