季節性うつ病を診断してみよう|うつ病との違い

  1. ホーム
  2. うつ病診断後の過ごし方

うつ病診断後の過ごし方

看護師

もし、うつ病と診断されてしまったらどう過ごしましょう。もしかしたら、ものすごい感情の起伏が起こるでしょう。でも、うつ病は誰もがかかる可能性の高い病気です。うつ病は無理をし過ぎたり頑張りすぎたりしたときに、心が疲れたよとサインを送ってくれる状態です。うつ病を完治させるためには、しっかりと休養を行なうことが大事です。しかしながら、休養しても元気が起きない、やる気が出ない、食欲がない状態もあります。その場合は、診断してもらった医療機関にて抗うつ剤の薬をもらう方法もあります。抗うつ薬は即効性はありませんが、休養しながら服用していけばしっかりと効いていきます。最低でも処方された1〜2週間前後は飲むようにしましょう。上記にも記載があるように、うつ病にとって休むという行為はとても重要なことです。休むと言っても学校や仕事を続けつつ休むのは、かえって悪影響になる可能性もあるので、十分に休養を取りましょう。また、気持ちの面でも自分は甘えている、頑張っていないなどを考えないようにしないことです。うつ病は甘えているのではなく、心と身体が疲れた状態です。他の人から励ましの声をもらうこともあるでしょう。しかし、そのような言葉は出来るだけ無視する方が良いです。もう頑張りすぎた状態なので、また疲れてしまいます。自分のペースでゆっくりと歩んでいきましょう。また、急に気持ちが落ち込んだり、唐突に不安を感じたりする場合もありますが、そんなときは出来るだけ1人では抱え込まずに家族や信頼できる人に話してみましょう。うつ病は調子が悪いとき、良いときの波が激しいですが、あまり心配をしないようにすると心が軽くなります。
うつ病と診断されたら、このように過ごすと良いと言われていることがあります。それはたんぱく質を積極的にたくさん摂ることです。タンパク質はセロトニンと呼ばれる成分を出す効果があります。セロトニンは幸せホルモン呼ばれるくらいにすごい成分です。タンパク質を摂ることで身体の中からも変えていくと良いでしょう。
うつ病と診断されたら、終わりだと考えずに病院やクリニックで適切な治療と十分な休養を取ってうつ病を克服していくと良いでしょう。