季節性うつ病を診断してみよう|うつ病との違い

  1. ホーム
  2. うつ病と診断内容

うつ病と診断内容

医者

うつ病とは、日常生活においてイライラする、不安や憂うつな気持ちになったりします。ものすごく落ち込んだり、喜びの感情がなくなったりなどのこころの症状が認められる病気です。感情以外では食欲がわかず、あまり眠れないことが多くもしうつ病を放置してしまうと生きていくうえで色々な支障が発生してしまいます。うつ病の主な症状が目に見えない部分もあるので、他人には理解されにくい点もあります。本人の気持ちの問題や甘えているなどと勘違いが起こりやすく、本人も気のせいだと思い込みがちです。そのようなことが原因でなかなか病院に足を運ばずに診断が遅れてしまうことも多々あります。うつ病はれっきとした病気です。最近ではこころに風邪とも呼ばれており、ちゃんとした治療が必要となります。しっかり治療を行うと改善する方が多く、日常生活にも戻れます。もし、うつ病かもしれないと思い始めたら、迷わず病院やクリニックに行きましょう。ちゃんとした医療機関を受診し、医師によりしっかりと診断をしてもらうことが重要と言えます。また、病院やクリニックに行ったらどのような診断でうつ病と判断しているのか気になりますよね。基本的なうつ病と診断される流れを見てみましょう。
うつ病と診断するには、主に3つのことが行われます。1つ目は専門的な医師による診察です。2つ目が診断基準と照らし合わせを行ないます。3つ目が心理検査です。診断において、大切なのは医師による診察と言われています。診察をもとに、うつ病の判断基準と照らし合わせを行ないながら診断をしていきます。また、診察だけではうつ病とわかるのが難しい場合があります。その場合は心理検査を用いて診断することもあります。また、最近ではネットにて無料診断が出来ますので不安な方は一度ネットで診断を行い、医療機関に相談してみるのもいいでしょう。