季節性うつ病を診断してみよう|うつ病との違い

うつ病と診断内容

医者

うつ病は様々な要因がきっかけで発症したりします。毎日イライラする、憂うつな気持ちが続く、夜眠れないなどの症状が気になる方は、一度病院やクリニックにて医師からの診断を受けてみましょう。

うつ病診断後の過ごし方

看護師

うつ病は誰しもがなる病気です、もし自分がうつ病と診断されてしまったらどのように日々を過ごしていきましょう。十分な休息と医療機関にて適切な治療を受けることがうつ病を治すための行動です。

うつ病の自覚症状を知る

カウンセリング

うつ病は様々な自覚症状があります。憂うつな気分が続いたり眠れなくなったりと様々な症状が現れます。うつ病の診断を行なう前に自覚症状を把握しておくのも重要と言えます。

うつ病と食事の関係性

メンズ

食事を摂るということは生きていく上で必要不可欠なことです。実はうつ病と食事には深い関係性があると言われています。うつ病と診断されたあとも食事には気を使うようにしましょう。

再発を予防するためには

悩む婦人

うつ病診断後、治療が進み順調に完治したと思っていても安心することはできません。うつ病は再発する可能性が非常に高い病気です。再発を予防するためにはストレスを抱え込まず、周りのサポートも重要となります。

季節性うつ病とは

悩む紳士

冬になってだんだん寒くなっていく中で、落ち込む頻度が高くなった、憂うつな気分になる、身体が疲れやすくなったとの症状が発生していることはないでしょうか。実はうつ病の中には、秋から冬のかけては症が増えると言われている季節性うつ病があるのです。季節性うつ病は一度発症してしまうと毎年繰り返してしまう傾向があります。また、発症する割合は圧倒的に女性が多いのが現状です。しかも、最近では冬がうつ症状になり、夏にそう症状となって、1年間を通してそううつ状態を繰り返す人もいます。
季節性うつ病で基本的な特徴と言えば、その季節が過ぎると症状は比較的良くなることと、うつの気分と同時に食べ過ぎたり、眠気の症状が現れます。季節性うつ病の主な症状は無気力になる、むなしい気持ちになりネガティブ思考になる、睡眠を十分にとっているのに日中も眠気が覚めないなどがあります。過食や睡眠を取り過ぎたりするのは、典型的なうつ病では発生しにくい症状です。一般的なうつ病は、摂食障害を伴うことが多く、不眠で悩まされる人がほとんどです。
そこで、季節性うつ病はどのような症状で診断を行っていくのか見てみましょう。会社に行きたくないなどと思う重度のうつ状態を経験している、ノイローゼなどの精神疾患が見られないなどが診断を行う上で重要な症状と言えます。また、上記で記載している季節性うつ病の主な症状が約2年ほど続くと、季節性うつ病の可能性が非常に高いでしょう。季節性うつ病のうつ状態は、そんなに重くないとは言え、ひどい人だと日常生活にも支障をきたします。自分以外にもしゅういの人に多大な迷惑をかける場合もあります。ネット上でも季節性うつ病を無料で診断することが出来ますので、もし自覚症状がある場合は一度診断を行ってみるのも良いでしょう。また、重症化する前に病院やクリニックにて診断を受けてもらうことも考えましょう。